2013年02月23日

TPPに関しての考え

安倍総理とオバマ大統領の間でTPPに関する意見交換が行われた。

私は、農業、医療を二分野を除きTPPには絶対に参加をするべきであるという考え。

なぜならば、

私は、TPPは経済活動が大前提になっていると思う。だからこそ、農業や医療の分野という国民の生命に直結するこの両分野は例外にしなければならない。国家として推進する他国との経済協定と国家の義務である「国民の財産と安全を守る」国防は同じテーブルでは議論できないから。

食料自給率が四割弱の我が国において、食料自給率を高めるのは国防の一つであると思う。そのためには、まず理想は100%、少なくともイギリスと同程度の食料自給率を7割程度まであげる。その後に農業分野ののTPP参加を考えても遅くはない。他国も十分に納得するはずであろう。なぜならば、食糧自給率が5割をきっていることがどれほど異常なことか分かっているからだ。
我が国が世界で誇るべき国民皆保険制度を守るのも国民の生命をまもる政治の義務である。

その中で、TPPという経済活動には、絶対に我が国は参加しなければならない。今必要な経済対策は、日本企業が活動であるマーケットをどれだけ広げることができるか。その一つが規制緩和であって、もう一つが東南アジア経済圏。

そしてアジア諸国も日本に大きく期待していることも私たちは忘れてはいけない。
posted by 坂口岳洋 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元日記

2013年02月22日

参議院議員二名の離党

参議院議員2名が民主党から離党する事になった。コメントをする事さえためらう程、お詫びの思いでいっぱいです。こらからという時に全く情けない。今野党に転落した時期だからこそ各自が今回の結果を全身で受け止め、猛省し、力を蓄え、次に向けて情熱を腹の奥から発電をしていかなければならないと思う。厳しさを逃げ、目先の物事で判断するのは、あまりにその人の持つ価値観の物差しが短かすぎる。そもそも情熱があるのかどうか?

この情熱の燃料は、自分欲ではなく、国を、子供たちを、そして自分の大切な人を守っていく信念だ。

明後日の民主党党大会で、この信念を確認し想いを合わせてこそ、党がひとつになり、大きな情熱を発電する機関になることができる。
とても大切な党大会。私も出席をし一員としてしっかりと責任をはたして参ります。
posted by 坂口岳洋 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元日記

2013年02月21日

下部支部

今日、坂口岳洋後援会下部支部の新春の集いを開催。先輩や仲間に支えられていることをあらためて強く感じます。捲土重来、次の戦いは必ず勝つことを皆さんと誓いあいました。妻と娘(二歳)も一緒に参加させてもらいました。

とても温かったです!!本当に有難うございます。
posted by 坂口岳洋 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元日記

2013年02月18日

42歳の誕生日!

今日、42才の誕生日です。事務所のメンバーが祝ってくれました!ありがとう!!
今年一年みんなで力を合わせて頑張ります!!
IMG_8963.jpg
posted by 坂口岳洋 at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元日記

2013年02月16日

国防軍?

安倍総理が、自衛隊の名称を国防軍にすることに強い意欲を示しているようだ。私はそれこそ外交センスが全くないように思う。名称を変更したことで、自衛隊の役割や行動になんの変化もない。であるならば、何故このタイミングなのか?自衛隊の行動指針が全く変わらないにも関わらず、近隣諸国を刺激するだけのこの行動は理解できない。
中国に対して挑発をしたいのか?集団的自衛権への国民世論に対する布石なのか?

自民党と連立している公明党もこの事を容認しているのか?公明党の党是とは違うのではないか?しかし、安倍総理のこの行動を認めているように見える。ただ与党にいて利権の恩恵にあずかりたいだけなのか?公明党さんには強く深い失望を禁じ得ない。

安倍総理曰く自衛隊員の士気の向上というが、現場の自衛隊員を含めた従事している隊員全員にヒヤリングをしたのか?少なくとも私の周りの隊員は、名称変更以外にやるべきことは沢山あると言っている。程度の低いパフォーマンスだ。パフォーマンスにもならない。

この安倍政権の危うさを強烈に憂える。
posted by 坂口岳洋 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元日記

2013年02月15日

灯油、ガソリン高騰

灯油、ガソリンが高騰している。しかし、このことは円安になることにより十分想定される事。今後輸入している食糧の値段もあがるだろう。

しかし今回の補正予算の中に、これらの対策が明確に見えない。メッセージもみえない。

本来は、同時に給料が上がる、正社員雇用が増えるという経済好循環が前提にも関わらず、安倍政権の財政出動が個人まで浸透をしていない。マスコミでは給料を上げることを決めたローソンをもてはやしているが、逆にローソンだけじゃないか。

また、本来実体経済にとって重要なTPPに関しても、参議院選挙という党利党略を優先し、結局結論を出そうとしていない。結局、アベノミクスの3つの柱のなかの「成長戦略」が全く見えない。なぜ、マスコミは、参議院選挙対策により重要案件の決定先延ばしをしている今までと全く変わっていない自民党に批判をしないのか?


posted by 坂口岳洋 at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元日記

2013年02月14日

IOCのレスリング中核競技除外

IOCがレスリングを中核競技から外した。この理事会決定には大きな疑問がある。レスリングは、第一回近代オリンピックからの競技であり、古代五輪でも実施されてきた最も歴史と伝統を持つ競技。なぜ除外するのか?
2020年では、ゴルフなど新たな五輪種目として採用される。競技へのスポンサーの数なのか?競技人口なのか?オリンピックが興行化しては絶対にいけない。人類の歴史において利害の衝突、思想の衝突が多数あった中で、同じ人としての尊厳と友愛を示してきた唯一と言っていいほどの世界各国が参加する大会なのだから。

特にレスリングは、道具を使わない競技であり、先進国以外の国でも広がっている裾野の広い競技だと個人的には思う。中東や欧米などの宗教や利害で対立している国々に選手が幅広くいる。レスリングを通じた草の根の対話も多くあるはずだ。この競技を除外する理由が本当に分からない。再考を望む。
posted by 坂口岳洋 at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元日記

2013年02月13日

北朝鮮の核実験

北朝鮮が核実験を強行した。言語道断の行為であり、当然安保理としても行動に出なければならない。中国もあてにならないことがはっきりした。独裁者の暴走が始まったと考えてもいいだろう。安保理が中心となった制裁措置をさらにすべきである。しかし、この状況では、制裁措置は、さらに北朝鮮の独裁指導部を狂った行動に駆り立てるだけで、北朝鮮の国民の犠牲を生むだけだろう。

追い込んだネズミには逃げ道を作らなければならない。それはハイレベルな外交パイプを作ること。アメリカにすべてを任せてはいけない。我が国は、地政学的にも政治史的にも北朝鮮との関係は深いのだから。しかし、小泉政権で失敗した北朝鮮外交を復活させることは今の自民党政権ではできないだろう。アメリカも日本をあてにしていない。
本来は、アメリカが日本に頼るときであり、それこそが同盟関係なのに。。。政府にその気概が全くない。

かつては、金丸信先生が北朝鮮外交を構築してきた。その流れが今でもあるのに全く活用されていない。私は、日本と北朝鮮との国交樹立こそが、拉致問題や核問題などの問題解決の大きな第一歩になると考える。この考えに批判するものもいるだろう。北朝鮮に徹底的に経済制裁をし続けるという北風外交を主張するものもいるだろう。しかしそれは外交をあきらめた無責任な他人事の行動である。そして、戦争で解決する事を前提にしていること。この北朝鮮危機は、映画の世界の話ではなく、テレビゲームでもないのだ。
posted by 坂口岳洋 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元日記

2013年02月09日

経済成長とは

地元の仲間から農業法人に関する相談を受けました。何とか地元を盛り上げたい。具体的に活動をしていきたいという強い信念と郷土愛。しかし、ただ農業法人を立ち上げるだけでは厳しく、アイデアと継続そして連体が必要になってきます。それらの力をもった動きがどんどん出てきています。

事業計画とは、派手に一年二年で大金を稼ごうという考えのものではなく、5年先をみた継続と強い信念がある「人」が考え進めていくものであり、真の地域経済の活性化とは、その「人」の集合体だと思う。

私もこのような「人」たちと共に、本当の地域再生、強い企業育成を実現していこうと思います。

posted by 坂口岳洋 at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元日記

2013年02月08日

TPP議論

TPPの議論が見えてこない。結局、安倍政権は参議院選挙という党利党略によりTPPへの結論を先延ばしにしている。日本国としての考えを示すことさえできないということ。国際社会に対して信頼を失う。野田政権の時は、大きな党内摩擦を生む中においても、国益を優先し結論を出してきた。

今の政権は、内部の議論をリアルタイムに国民の前にオープンにしない。マスコミが今こそ、報道オープンでの党内議論をするべきと指摘してもいいのだが。

議論を隠せば、党内のごたごた感が表にでないという事かもしれない。しかし、本当にそれで良いのか?


posted by 坂口岳洋 at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元日記

2013年02月06日

予想された雪が。

今のところ、笛吹では雪が降っていません。ホッとしています。
しかし、これから分かりません。。。

家の前は車や人がけっこう通ります。いつもの雪かき、頑張ります!
posted by 坂口岳洋 at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元日記

2013年02月01日

お世話になっている皆様へ

昨年末の選挙では本当にお世話になりました。有難うございました。皆様の大きなお力を頂いたのにも関わらず、結果を残す事ができません。本当に申し訳ありませんでした。これも、自らの不徳の致すところです。

今後、反省すべきを反省し、次の決戦の勝利に向け粉骨砕身進んでまいります。

我が国の将来を担う子供たちのために。
そして、応援をして頂いた、かけがえのない先輩や仲間のために。

今後とも末永く御指導の程宜しくお願い致します。
posted by 坂口岳洋 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元日記