2013年10月01日

消費税8%に関して

本日、安倍首相が来年4月に消費税を8%に上げることを発表した。
日銀の短観で大企業製造業の業況判断指数が3期連続の改善となったことが決断した理由の一つとの事。私には安倍さんが参考にしている経済指標は消費税を上げる為に都合の良いものを採用しているように見える。確かに一部では景気回復の実感できているだろう。しかし、零細中小企業、また特に地域経済はまだまだ消費も上がってなく、日本全体での景気回復の実感は全くない。このことは、安倍さんも実は分かっているようで、消費増税に合わせて総額5兆円(消費税約2%分に相当)の経済政策を行うという。しかし、この経済政策の中身がバラマキなのだ。なんだか「お金の行って来い」で、消費税増税をする意味がないように思えるが。。。
私自身ベンチャーキャピタルをしていた経験から今の安倍首相の経済成長戦略は物足りない。このことはまた次の機会にお伝えしたい。

今回私は、安倍さんが消費増税分を社会保障に全額充てるという三党合意を守った事は評価する。社会保障を安定させることは、海外に対する我が国の信頼性を守ること。当然、社会保障に税金をただただ投入するのではなく、予防医療など知恵を出して社会保障費を増やさない努力をしなければならない。しかし、我が国の社会保障支出は今の税収では全く足りないのが現状だ。
社会保障費に消費税を当てることは賛成だ。そして、消費税増税は避けられない関門であると私は思う。

しかし、これからの消費税増税には、軽減税率を設定しなければいけない。

私はずっと提言し続けてきた。ただ消費税を増税することは絶対してはいけない。しかし、今回の安倍さんの発表にはこの事は全く触れていない。
軽減税率とは、物によって消費税の税率を変える事。例えば生活必需品には消費税を低く設定するなど世界では当たり前に行われている。ヨーロッパでは食料品を原則ゼロにする国もある。逆に嗜好品は消費税を高く設定する。結構細かく品目に対して消費税率を設定しているようだ。

被災地やお年寄りなどへ配慮をするのであれば、軽減税率を導入すればよい。わざわざ同時にばらまき政策をしなくともよいではないか。景気格差の拡大も抑える事ができる。

しかし、結局安倍さんはできなかった。本来、三党合意の中には軽減税率に言及しているにも関わらずだ。
何故安倍さんはできなかったか?これは財務省が嫌がっているから。
本当は今こそ政治主導で安倍さんには消費増税をやってもらいたかった。

やっぱり駄目だったなというのが正直な感想だ。

事務方の為ではなく、主である国民の為の政治を実現する事を私は改めて決意した。

posted by 坂口岳洋 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元日記