2011年01月27日

国会開会

本日26日は、菅首相の施政方針演説に対する代表質問が衆院本会議で行われました。今年は、内政外交ともども、我が国にとって大事な一年になることは間違いありません。もう党利党略で政治を行う余裕は全くありません。

管総理が演説の中で、TPP、農業改革そして「社会保障と税」の大きな方向性を示しました。本日は、その質疑のはずです。
しかし、管総理の方針に対して、自民党は賛成なのか反対なのかさえも明確に示しませんでした。
まず、自民党として、TPPに賛成なのか?反対であるのであれば、どのような経済対策を考えているのか?社会保障に関しても、税で負担することに反対であるのでれば、今後財源をどのように考えているのか?

管総理および与謝野大臣も、経済状況がデフレを脱却したのちに、社会保障に対応した増税を考えるという、手順まで言及しました。しかし、自民党はこのことに対しても賛成なのか反対なのかを明確にしません。

管政権が示している大きな方向性に関して、賛成であるのであればまず賛成の立場を明確にすべきであると思います。
方向性は賛成であっても、当然詳細には違いがでるでしょう。自民党からも良い意見やアイデアがでるかもしれません。その時はそれらの意見も参考にしていこうと管総理ははっきりと言っているのです。

ただただ解散を煽るような政局国会ではなく、まず、与野党一緒に国の方針を決めていきましょう。それこそが国民のみなさんが望んでいることなのです。
もう、我が国には時間がないことを自民党の皆さんに分かってもらいたい。

当然私たち与党民主党も、一丸となって進んで行かなければなりませんし、私自身その思いです。
小沢一郎元代表からの「決まるまではとことん議論をし、決まったら一致団結でいく」という教えをしっかり守っていき、お国の為に粉骨砕身頑張ってまいります。

posted by 坂口岳洋 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 国会日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42979293
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック